証券口座は複数所有しよう!その理由とは

IPO投資を始めるにあたって必ず必要なのが証券口座です。

そしてその証券口座は、一つだけの証券会社ではなく、

複数の証券会社を所有したほうがダンゼンお得で、IPO抽選確率を最大限高めることができます。

その理由をご説明します。

証券会社にも幹事がいる

幹事と言えば、飲み会をイメージしますよね。

飲み会の幹事は、その会の進行など、いわゆるリーダー的な働きをします。

そのような幹事が、IPOの中でも存在します。

 

IPOを行う企業は、株式上場前までに様々な審査を受けなければいけません。

その審査のサポートをしてくれるのが、証券会社(幹事)なのです。

 

そして幹事には、主幹事と幹事の2種類があります。

名前からもわかる通り、主幹事の方が主にIPOする会社をサポートします。

IPO投資については、この主幹事が多く取り扱うというケースがほとんどです。

証券会社の口座開設をする

IPO投資をはじめ、株式投資を行うためには証券会社との契約が必要です。

証券会社を通じて株を買い(売り)、その差益で利益を出すという仕組みはどちらも共通します。

 

その証券会社について、株式投資であれば1つの証券会社でも問題はあまりありません。十分に取引できます。

しかし、IPO投資については、絶対に複数の証券会社で口座を持っていた方が有利なのです。

その理由をご説明します。

主幹事・幹事は毎回違う!複数の証券会社を持つべき理由

先ほども説明しましたが、企業がIPOを行うにあたり必ず必要となるのが、

主幹事と幹事となる証券会社です。

 

IPO投資は、まず当選しない事にははじまりません。

その当選確率は、主幹事>幹事の順で大きいです。

そして、主幹事には毎回同じ証券会社がなるわけではないので、

 

「今回は自分の持っている○○証券が主幹事じゃない…」

こうなって慌てないためにも、

どこが主幹事証券になってもいいように、あらかじめ口座開設をして準備をしておくというのがベストです。

【過去の主幹事・幹事をつとめた証券会社】

【主幹事証券・幹事証券の主な役割】

IPO当選に向けて絶対持っておきたい証券会社

このように、IPO当選に向かっては多くの証券会社を持っておくことがカギです。

そして、過去のIPO当選状況なども踏まえ、万全の準備をしておかなければいけません。

 

ランキング1~3位まで載せる

【その他の詳しいランキングはこちらから】

 

さて、ここまででIPO投資を行うためのステップは2/3が完了しました。

それでは最後のステップ③へまいりましょう。

記事はこちら→記事リンクへ