スパイバーが量産体制の確立を目指しているクモノスという繊維。

まさにこれが、世界から注目を浴びている商品なのですが、

今回はクモノスは一体どんなところがすごいの?

という疑問について迫ってみたいと思います。

強度は鋼鉄の340倍!防弾チョッキの7倍

まず、クモノスの一番のポイントは「めちゃくちゃ丈夫」な事です。

タイトルの通り、鋼鉄の340倍、防弾チョッキの7倍という、

これまでにこの世には存在したことがないほどのタフネスさです。

 

クモの糸は、ただタフネスなだけではありません。

なぜなら、強度があるだけではなく、

「伸縮」も兼ね備えているからです。

 

これを関山社長は、

「クモノスは世界で最も強い、最もタフな繊維。なぜなら、破壊されるまでに必要なエネルギーがものすごく大きいから」

と言っています。

 

タフと強さというのは使い分けが難しいですが、

伸び縮みして、かつ頑丈

って言ったら勝てる気がしませんね…。

 

自然界では昆虫をとらえて離さない蜘蛛の糸。

昆虫にとっては脅威ですが、それはタフさの証明でもあります。

それを人工的に作るってのだから、かなり頑丈な繊維であることは簡単に推測できますね。

タンパク質で製造可能

クモノスは、タンパク質で出来ています。

タンパク質は我々生物を構成している最も大切な成分で、

人間は約10万種類のタンパク質で構成されています。

 

今、私たちの身の回りにある多くのアイテムは、石油を使って製造されています。

ですがクモノスの場合、タンパク質とアミノ酸、微生物で製造が可能です。

ですので、地球にも負荷をかけることなく、生物の力のみで量産していく事が可能なのです。

また、もし石油が枯渇してしまったりしても、クモノスは生産することができます。

 

微生物を使って遺伝子を操作し、紡糸して線維化する。

これがクモノス生産のための課程です。

あらゆる製品に使用可能

スパイバーが目指すのはこのタンパク質だけではありません。

10万種類もあるタンパク質ですが、それを繋ぎ止める役目を持つ「アミノ酸」は、なんとたったの20種類しか存在しません。

しかし、そのアミノ酸を様々なパターンで組み合わせることにより、色々な製品への使用を目指しています。

クモノスは世界中が期待している

ご紹介したように、いまだかつて出回ったことのないタフネスな素材、クモノス。

これも、自然界に存在する蜘蛛(クモ)という生物が、

生命が誕生してからの38億年もの長さで生み出した、

熟練に熟練を重ねた自然の産物なのです。

 

人類が新たに生み出す素材よりも、一番強力な素材はすでに他の生物が生み出していた。

とても神秘的なことですよね。

これからの世の中にクモノスが浸透し、

あらゆるアイテムに使われるという未来は、

そう遠くないかもしれませんね。